スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
4/26の週の注目点
先週の東京株式市場では、日経平均株価は10,914円で終わる形となりました。
11,000円台を割り込んだものの、なんとか10,900円台は維持しましたが、全体的に冴えない展開となりました。

注目を集めており、いつあってもおかしくない状態となっている中国元の切り上げ、ギリシャを中心としたソブリンリスクの再燃、アメリカ金融当局の金融規制強化、と悪材料が目立っている状態ですね。

まだトレンド転換という程ではないとは言え、市場関係者の多くが期待していた銀行セクターもいまひとつとなっていては、とりあえずの調整となってしまうのもしょうがないところでしょうか。

今週26日からは決算が本格化してきます。27日に大手海運、28日にはホンダやトヨタグループの決算もあります。

しかしその後、週の後半に入ると連休となってしまいます。
連休後は5/7の商社の決算まで材料は無い状態でしょう。
注目のトヨタ自動車の決算は5/11、ソニーの決算は5/13となっています。

この連休中は、海外市場では通常取引があるため、海外材料による影響があることは注意しておきたいところです。
海外市場を見ながら、無理にトレードをするよりは次の展開を見据えて作戦を練るのが良いかもしれません。

様々なニュースに注目する必要がある上、色々なサプライズで荒れる展開も予想されるので、トレードで十分注意をすることに変わりはありませんよ!
カテゴリ:株式投資基礎知識 | 10:32 | comments(0) | -
株取引の確定申告について
まだ少し気が早いですが、基礎知識の一つとして見ておきたいのは、株取引を行った際の確定申告はどうすればいいのでしょう?と言う点です。
まずは自分が確定申告しなければいけないかどうかチェックしてみましょう。


チェックポイント(1)
自分の口座が一般口座か、特定口座かによって変わります。
「特定口座(源泉徴収あり)」の場合は、確定申告は不要です。

「特定口座(源泉徴収なし)」の場合は、利益があった場合にのみ確定申告の必要があります。
証券会社から「年間取引報告書」が送られてきますのでそれを使って申告しましょう。

「一般口座」の場合は、利益があった場合にのみ確定申告の必要があります。
自分で一年間の利益を計算して申告しましょう。


チェックポイント(2)
給与所得者の場合、収入金額によって申告不要となる場合があります。

給与等の支払いが一箇所からで、収入金額が2,000万円以下である給与所得者の場合、
株取引による利益が20万円以下の場合、確定申告は不要です。


さて、これまでのチェックで確定申告が必要となった方は、雑所得として分離課税の対象となりますので確定申告をしましょう。

詳しい内容については証券会社のホームページや、国税庁のホームページ
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kakutei.htm
でも調べることができますので、心配なところがある方はチェックしてみましょう!
カテゴリ:株式投資基礎知識 | 16:46 | comments(0) | -
株取引で成功するために:失敗をことわざから学ぶ その3
そんな他人の株取引の失敗例なんて聞かなくても自分は失敗なんてしないさ!
と言う方も、せっかくですから読んでみてください。
もし、「あ、自分にもそんな経験ある」と思ったなら、是非参考にしてください。

「損切りはすばやく」
「損切り(ロスカット)を忘れない」のところでお話しした通りです。
先人達も損切りで失敗した人が多かったのでしょうね。



「卵は1つのかごに盛るな」
投資は分散して行いましょう、と言う例えです。
一つの銘柄に多くの資金を投入した場合、成功すればいいですが、損失となった場合は目も当てられません。

様々な業種、銘柄に分散して投資を行い損失を最小限に抑えるようにしましょう。



「遠くのものは避けよ」
自分のよく知らない業界は避けましょう、と言う例えです。
例えば、私は電化製品やゲームなどに興味があるので、そう言った業界のニュースを参考に株を購入しています。

全く知らない業界よりも、自分に身近な業界の方が情報も集まりやすいですし、動向も把握しやすくなります。



「判断を誤ることは正常なことだ、それを修正しないのが異常である」
どんな人でも失敗して損失を出すことはあります。
その時はなぜ失敗したのか考えてみましょう。

一番まずいのは、全く分析をせずにまた同じミスをして損失を出してしまうことです。

損失を出したことも痛いですが、同じミスだったことに気付いたときの
精神的ショックはとても大きいものです・・・
カテゴリ:株式投資基礎知識 | 11:40 | comments(1) | -
株取引で成功するために:失敗をことわざから学ぶ その2
そんな他人の株取引の失敗例なんて聞かなくても自分は失敗なんてしないさ!
と言う方も、せっかくですから読んでみてください。
もし、「あ、自分にもそんな経験ある」と思ったなら、是非参考にしてください。

いくつか私の失敗例を交えてご紹介したいと思いますが、同じ失敗を昔の人もしていたようで、いくつものことわざがあります。
それを参考にお話ししていきましょう。

「株価はもとの古巣に帰る」
相場全体や個別の銘柄にも流れ、サイクルがあります。
ある時期急騰しても必ず反落するし、反落してはもとの値まで戻っていくなんて銘柄もあります。

変に高いところで買ったり、安いところで売ったりして値動きと異なることをして失敗してしまうことがないようにしましょう。



「知ったらしまい」
例えばある企業の業績が良い上に、新製品の発売などで人気が出たとします。
そのタイミングで株を買いたくなるのですが、実はその時には既に値上がりが期待できない状況になっていたりするのです。

業績が良くなりそう、この新製品は大人気になりそうと言う段階で先行して買われてしまって、実際に発表があってから売買していたのでは既に遅かった・・・と言う状況になっているのです。

もちろん、そこから株価が上昇することが期待できますが、思っていたほど利益にならなかったりするのです。

これがまた株取引を難しくしているのかもしれません。
カテゴリ:株式投資基礎知識 | 12:12 | comments(0) | -
株取引で成功するために:失敗をことわざから学ぶ
そんな他人の株取引の失敗例なんて聞かなくても自分は失敗なんてしないさ!
と言う方も、せっかくですから読んでみてください。
もし、「あ、自分にもそんな経験ある」と思ったなら、是非参考にしてください。

いくつか私の失敗例を交えてご紹介したいと思いますが、同じ失敗を昔の人もしていたようで、いくつものことわざがあります。
それを参考にお話ししていきましょう。



「頭と尻尾はくれてやれ」
ここでいう頭と尻尾とは株価の最高値と最安値のことです。
どうせ売買するなら、最安値で買って、最安値で売りたいものです。

しかし、そこで欲張ってチャンスを逃してしまうと言うことが良くあります。
欲張らずに、余裕を持って売買に挑まないと、思わぬところで焦って失敗してしまいますよ!



「疑わしきは何もするな」
いくら常に株価が変動しているとはいえ、動きが鈍かったり判断に困る状況というのは良くあります。
そんなときはむやみに手を出さずに、冷静に様子を見ましょう。

無理に売買をしたら損失になってしまい、さらにそれを取り戻そうと売買を繰り返していては、悪循環にはまってしまいます。
よくわからない状況であれば、自信を持てるところまでチャンスを待ちましょう。
カテゴリ:株式投資基礎知識 | 14:48 | comments(0) | -
株取引で成功するために:ナンピンは有効か
10月末まで楽天証券延長が決まりました。また取引手数料の1%がバックされるので一押しです。
現在100人の株主優待ブロガーさんはにほんブログ村 株ブログ 株主優待へ←株主優待情報満載にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
現物株は売買手数料最低?の楽天証券
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

投資の情報を見ていたら「損失時はナンピン買いすればコストが下げられる」
って書いてあったけど、有効なんだろうか?と言う疑問を持たれた方もいるかもしれません。
そもそもナンピンって何なのでしょうか?

これは個人的なイメージですが、よっぽど株取引に慣れていない限りナンピンはしない方が良いと思います。


まず、ナンピンについて見て行きましょう。
例えば1株1,000円で100株買いました。
しかしその後1株900円まで下がってしまいました・・・と言う場合です。

そこで、1株900円の時に100株書い足しましたとしましょう。
そうすれば、1株950円まで戻ったところで200株全部売れば、プラスマイナス0で終わることが出来ます。

この手法がナンピンと言われるものです。

ここまでの説明だけ読んでいると、
「なるほど・・・それは有効なんじゃない?」
と思われるかもしれませんが、これには落とし穴があります。

それは「1株900円より株価が下がらないとは言い切れない」のです。
先ほどの例のように1株900円で100株追加した後で、さらに1株800円まで下がってしまったらどうでしょう?
損失は大きくなるばかりです。

更に「1株800円でもう100株追加して様子を見よう」
などと言い出しては、どんどん自分の首を絞めているようなものです。

この場合は(できれば1株900円になる前に)損失が少ないところで損切りするべきです。

ずっと持っていれば、いつかはなんとかなるかもしれませんが・・・
それまで株取引が全く出来ないのでは元も子もないですよね?

個人的メモ
シストレ3日目
残高         資産        必要保証金
502749     583823           0
システムが3日目途中からなぜかポジション整理したまま推移
カテゴリ:株式投資基礎知識 | 19:25 | comments(0) | -
株取引で成功するために:損切りを忘れない
楽天IDを持っているあるいは楽天で今後買い物したい人必見
楽天のツールバーから検索すると昨日は検索した人で山分け70万ポイント、本日も70万ポイント山分けでもらえます。いつもはヤフーのツールバーを使っているのですが無料で必ずもらえるポイントなのでもう検索は楽天からになっています。昨日は7ポイントタダもらい。
↓こちらからダウンロードできます。
 

------------------------------------------------------------------------


株価が上昇すると思って買ったんだけど、予想に反して株価が下がってきてしまった・・・
と言う事は誰にでもあります。

株取引において、株価の動きを100%当てられる人なんていません。
予想に反することだってもちろんあります。

株取引で成功する人というのは、予想に反したときにすぐ対処できる人だと言えるでしょう。
ここで出てくるのが「損切り(ロスカット)」という考え方です。

自分の買った株が下がって損失が出ている時に、被害を最小限にするために売ってしまうことを「損切り(ロスカット)」と言います。
言葉にすれば簡単かもしれませんが、損切り(ロスカット)が出来ない人は必ず失敗してしまうと言って良いでしょう。

偉そうに言っている私も損切り(ロスカット)ができずに大失敗した経験があります。
どうしても「また株価が上昇してくるに違いない」と思ってしまい、損切り(ロスカット)することをためらってしまうのです。
本当に株価が上昇してくればいいですが、逆にもっと下がったら目も当てられない状況になってしまうのは分かりますよね。

大事なのは「自分で損切り(ロスカット)のルールを決める」ことでしょう。
例えば「買ったときから○○円下がったら損切り(ロスカット)」とか「買ったときから××%下がったら損切り(ロスカット)」と決めておくのです。

損切り(ロスカット)を冷静に、そして確実に行えるかどうかで株取引の結果は大きく変わってきます。
今回は損失でも、また次回利益を出せばいいのです。
カテゴリ:株式投資基礎知識 | 14:20 | comments(1) | -
IPO(新規公開株)を購入するには
IPO(新規公開株)の仕組みは分かったけど、実際にはどうやって入手すればいいの?
ここではIPO(新規公開株)の購入手順について確認していきましょう。

まずはIPO(新規公開株)の情報がサイトなどに公表されます。
これを見逃さないように注意しましょう。

続いてブックビルディングに参加します。
ある程度の範囲の価格帯が提示されているので、「自分ならこの値段で株を買う」と言う申告を行います。

ここで気になるのは「いくらで申告すればいいんだろう?」と言うことではないでしょうか。
ここでのポイントは「出来るだけ安い方が良いな」などとケチらないことです。
もちろん安いに越したことはありませんが、その価格がブックビルディングで一番多い価格にならないと、抽選にすら参加できないのです。

これまで私が見てきた感じでは、最高金額が公募価格となることがほとんどでした。
そのため、抽選に残るためには最高金額で申告するのがベストでしょう。

この後抽選が行われます。ブックビルディングで一番多かった価格が公募価格となり、同時に当選者が決定します。
運良く当選していたら忘れずに購入申込をしましょう。

新たに購入申込をしないと、せっかくの権利を放棄したと見なされてしまいますから、注意しましょう!
カテゴリ:株式投資基礎知識 | 12:11 | comments(0) | -
IPO(新規公開株)とは?
まずは速報。
キューブシステムが後場から売り禁です。きっと逆日歩満額でしょうね。。


有名な企業が新規上場して、株価が急上昇したってニュースがありますよね。
あれってどうやって新しい株を入手しているんでしょう?

新規に公開されて売買可能になる株を「IPO(新規公開株)」といいます。
ここではその特徴を見ていきましょう!

IPO(新規公開株)はその名の通りで、新しく証券会社で取り扱いが行われるようになる株のことです。
実は「上場後の企業の株価は上がる」というぐらい、利益を得るチャンスがあるんです!

しかし、それだけチャンスがあるものですから、誰でも買えるというわけではないんですね。
IPO(新規公開株)を買うためには、事前に抽選をして当選した人だけが権利を得ることが出来るのです。

抽選に参加するためには、「ブックビルディング」と呼ばれる「いくらで何株買いたいか」を事前に証券会社に申告します。
「ブックビルディング」で一番多かった価格が売り出し価格となり、私たちはその価格で買うことになります。
「ブックビルディング」への参加についてもインターネットから行えるようになっているので、IPO(新規公開株)のニュースはまめにチェックしましょう!

大抵の所は、購入は実際に公開されてからなので、その時にお金が用意してあれば問題ありません。

せっかくのチャンスですから、積極的に参加してはどうでしょうか?
カテゴリ:株式投資基礎知識 | 14:38 | comments(0) | -
株取引のタイミングを分析する:テクニカル分析 -MACD-
株価の上昇、下降のトレンドは掴めそうだけど、どこで切り替わっているのかわからない・・・
上昇、下降のトレンドと、その転換点を知るのに有効なのが「MACD」と呼ばれるものです。

MACDのイメージはこのようになります。

イメージの上は「移動平均線」中段が「RSI」下段が今回紹介する「MACD」になります。

まず、売買のポイントとして、「MACD」の2本の線が交差したところがポイントとされています。
  ・下から上に向けて交差したところが「買い」のサイン
  ・上から下に向けて交差したところが「売り」のサイン
となります。

また、トレンドの判断については
  ・0を上回ったときは上昇トレンド
  ・0を下回ったときは下降トレンド
となります。

MACDは特にRSIとの組み合わせが有効であると言われています。

MACDで上昇トレンドにあるとき、かつRSIが30以下になった場合は売られ過ぎと判断し、再び30を上回ったときに買いのサインと判断します。

逆に、MACDで下降トレンドにあるとき、かつRSIが70以上になった場合は買われ過ぎと判断し、再び70を下回ったときに売りのサインと判断するのです。

テクニカル分析の方法にはこれ以外にも色々な方法がありますが、基本と言われているのはこれまでにあげたものです。

各証券会社の取引ツールで過去のデータを見ることが出来ますので
自分にあったスタイルを研究してみると良いでしょう。
カテゴリ:株式投資基礎知識 | 17:03 | comments(0) | -
| 1/3PAGES | >>

アクセスランキング
スポンサードリンク