<< 30,000円の損失 | main | 神戸電鉄単元未満株の株主優待が変更されます >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
「自己資金ゼロ!一生現金が稼げる不動産投資」を読みました
自己資金ゼロ!一生現金が稼げる不動産投資(中村武司・細矢益通著 技術評論社 1,554円)を読みました。

<本の構成>
 第1章 凡人サラリーマンだからこそ成功できた理由とは?
 第2章 資金が雪だるま式に増えていくしくみ
 第3章 不可能が可能になる知識のレバレッジ
 第4章 お金をかけずに収入を10倍増やす8つの鉄則
 第5章 物件探しはインサイダーにもぐりこめ!
 第6章 タダでお宝物件を手にし、限界まで値切る隠しワザを紹介
 第7章 銀行員が喜んで融資してくれる秘密のテクニック
 第8章 あなただから成功できる不動産投資

<感想>
 不動産投資は、「お金がないほど成功できる」「土地がないほど成功できる」「知識がないほど成功できる」という面白い切り口で書かれています。この本を読み進むと、この本の通りにやれば、不動産投資がやれそうな気になります。

 しかし、実はこの本は著者の本業である不動産コンサルタント業への顧客誘導のために書かれた本とも読めます。この本に書かれた裏技は面白く読めるのですが、実際に不動産投資をやってみようと著者にコンサルタントを頼むと、最低42万円という法外なコンサルタント料を請求されるという仕組みになっています。

 なお、著者の投資スタイルは、長期の融資が受けやすい新築アパート狙いとのことです。区分所有では融資が受けにくいので、この戦略自体は間違いではないとは思います。ただし、新築を論じるにあたって必須の建築コストについては、なぜかあまり触れられていません。
カテゴリ:書評 | 21:30 | comments(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 21:30 | - | -
コメント
コメントする










アクセスランキング
スポンサードリンク