<< 株主優待 到着 昭文社 | main | 7月20日 株主優待 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
株取引の注文方法:指値と成行
 取引をしようと思ったら、何種類か方法があるみたいなんだけど違いはなんなんだろう?
株取引では、取引のスタイルにあわせて色々な注文方法が用意されています。

まず基本となるのは指値注文です。
「この株を○○円で買いたい(売りたい)」と直接価格を指定して注文をする方法です。

ここで注意しなければいけないのは、「指値注文は早いもの順」と言うことです。
指値注文を出して、株価もその値段になっているのになかなか約定しない・・・なんてことがあります。
同じ株価での注文がある場合は、早く注文が届いた順に成立していきます。
自分の順番が回ってくるまで待たなくてはいけないと言うことですね。

続いて成行注文です。
「今表示されている価格で買いたい(売りたい)」と注文をする方法です。

成行注文は、指値注文と違って価格を指定しないので確実に注文が成立します。

注意しなければいけないのは成行注文も「早いもの順」なので、注文が届いた順に成立するという点です。
株価が変動していった場合は、新しい価格帯で注文が成立していくことになります。

価格が自動で決定するため、自分が思っていた価格よりも高く約定するなんてこともあるのです!(もちろん逆もあります)

状況に応じた注文方法を使っていきましょう!
カテゴリ:株式投資基礎知識 | 12:08 | comments(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 12:08 | - | -
コメント
コメントする










アクセスランキング
スポンサードリンク