<< CFD取引を始めてみました。 | main | 楽天証券取引手数料大幅値下げ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
株取引の注文方法:逆指値
目標となる金額ではなくて、最低限確保したい金額を設定したいんだけど・・・と言うときには「逆指値」注文を利用しましょう!
逆指値というのは名前の通り「逆の指値」を指定する方法なのです。

逆指値は「リスク管理(損切り)」に有効です。
値上がりすると思って1株1,000円で買った株だったのに、下がってきてしまった・・・
そんなときに900円の逆指値注文を出しておけば、1株900円まで下がってきたときに注文が成立します。

もちろんそこまで株価が下がらなかった場合は何も起こりませんので、また株価が上がるチャンスを待つことが出来ますね。

逆指値を使った取引のもう一つのパターンは利益確定です。
1株1,000円で買い、その後順調に上昇中だとしましょう。
この時1株1,100円の「逆指値」注文をしておけば、取引画面を見ていない間にもし株価が下落してしまっても、1株1,100円のところで自動的に売ってくれるので、損をすることはありません。

もちろんそこまで株価が下がらず、更に上昇していく場合は何も起こりません。
また取引画面をチェックできるようになったら「逆指値」注文をキャンセルしてチャンスを伺えばいいのです!

この逆指値注文ですが、証券会社によっては使えないところがあります。
最近はほとんどの証券会社で使えるはずですが、念のため確認しておくと良いでしょう。
カテゴリ:株式投資基礎知識 | 14:49 | comments(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 14:49 | - | -
コメント
コメントする










アクセスランキング
スポンサードリンク