<< REIT 初の株主優待発表 | main | DCMJAPANより株主優待到着 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
株取引で成功するために:ナンピンは有効か
10月末まで楽天証券延長が決まりました。また取引手数料の1%がバックされるので一押しです。
現在100人の株主優待ブロガーさんはにほんブログ村 株ブログ 株主優待へ←株主優待情報満載にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
現物株は売買手数料最低?の楽天証券
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

投資の情報を見ていたら「損失時はナンピン買いすればコストが下げられる」
って書いてあったけど、有効なんだろうか?と言う疑問を持たれた方もいるかもしれません。
そもそもナンピンって何なのでしょうか?

これは個人的なイメージですが、よっぽど株取引に慣れていない限りナンピンはしない方が良いと思います。


まず、ナンピンについて見て行きましょう。
例えば1株1,000円で100株買いました。
しかしその後1株900円まで下がってしまいました・・・と言う場合です。

そこで、1株900円の時に100株書い足しましたとしましょう。
そうすれば、1株950円まで戻ったところで200株全部売れば、プラスマイナス0で終わることが出来ます。

この手法がナンピンと言われるものです。

ここまでの説明だけ読んでいると、
「なるほど・・・それは有効なんじゃない?」
と思われるかもしれませんが、これには落とし穴があります。

それは「1株900円より株価が下がらないとは言い切れない」のです。
先ほどの例のように1株900円で100株追加した後で、さらに1株800円まで下がってしまったらどうでしょう?
損失は大きくなるばかりです。

更に「1株800円でもう100株追加して様子を見よう」
などと言い出しては、どんどん自分の首を絞めているようなものです。

この場合は(できれば1株900円になる前に)損失が少ないところで損切りするべきです。

ずっと持っていれば、いつかはなんとかなるかもしれませんが・・・
それまで株取引が全く出来ないのでは元も子もないですよね?

個人的メモ
シストレ3日目
残高         資産        必要保証金
502749     583823           0
システムが3日目途中からなぜかポジション整理したまま推移
カテゴリ:株式投資基礎知識 | 19:25 | comments(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 19:25 | - | -
コメント
コメントする










アクセスランキング
スポンサードリンク