<< イマージュHDより株主優待到着 | main | 東急リバブルの優待郵送完了 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
株取引で成功するために:失敗をことわざから学ぶ
そんな他人の株取引の失敗例なんて聞かなくても自分は失敗なんてしないさ!
と言う方も、せっかくですから読んでみてください。
もし、「あ、自分にもそんな経験ある」と思ったなら、是非参考にしてください。

いくつか私の失敗例を交えてご紹介したいと思いますが、同じ失敗を昔の人もしていたようで、いくつものことわざがあります。
それを参考にお話ししていきましょう。



「頭と尻尾はくれてやれ」
ここでいう頭と尻尾とは株価の最高値と最安値のことです。
どうせ売買するなら、最安値で買って、最安値で売りたいものです。

しかし、そこで欲張ってチャンスを逃してしまうと言うことが良くあります。
欲張らずに、余裕を持って売買に挑まないと、思わぬところで焦って失敗してしまいますよ!



「疑わしきは何もするな」
いくら常に株価が変動しているとはいえ、動きが鈍かったり判断に困る状況というのは良くあります。
そんなときはむやみに手を出さずに、冷静に様子を見ましょう。

無理に売買をしたら損失になってしまい、さらにそれを取り戻そうと売買を繰り返していては、悪循環にはまってしまいます。
よくわからない状況であれば、自信を持てるところまでチャンスを待ちましょう。
カテゴリ:株式投資基礎知識 | 14:48 | comments(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 14:48 | - | -
コメント
コメントする










アクセスランキング
スポンサードリンク