<< ほぼノーリスクで8000円ゲット(MJ) | main | 浦島太郎の気分です >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
株取引で成功するために:失敗をことわざから学ぶ その3
そんな他人の株取引の失敗例なんて聞かなくても自分は失敗なんてしないさ!
と言う方も、せっかくですから読んでみてください。
もし、「あ、自分にもそんな経験ある」と思ったなら、是非参考にしてください。

「損切りはすばやく」
「損切り(ロスカット)を忘れない」のところでお話しした通りです。
先人達も損切りで失敗した人が多かったのでしょうね。



「卵は1つのかごに盛るな」
投資は分散して行いましょう、と言う例えです。
一つの銘柄に多くの資金を投入した場合、成功すればいいですが、損失となった場合は目も当てられません。

様々な業種、銘柄に分散して投資を行い損失を最小限に抑えるようにしましょう。



「遠くのものは避けよ」
自分のよく知らない業界は避けましょう、と言う例えです。
例えば、私は電化製品やゲームなどに興味があるので、そう言った業界のニュースを参考に株を購入しています。

全く知らない業界よりも、自分に身近な業界の方が情報も集まりやすいですし、動向も把握しやすくなります。



「判断を誤ることは正常なことだ、それを修正しないのが異常である」
どんな人でも失敗して損失を出すことはあります。
その時はなぜ失敗したのか考えてみましょう。

一番まずいのは、全く分析をせずにまた同じミスをして損失を出してしまうことです。

損失を出したことも痛いですが、同じミスだったことに気付いたときの
精神的ショックはとても大きいものです・・・
カテゴリ:株式投資基礎知識 | 11:40 | comments(1) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 11:40 | - | -
コメント
私も興味のある業界の銘柄選びで成功した事があります。
自宅がゲームセンターなので、ゲーム関連の方々とお話する
機会が多かったです。
99年、コナミの担当者が 「 DDRは想定 300台が、
3000台の受注で生産が追いつかない 」 と聞きまして
大型筺体は 1000台で大ヒット、これは上方修正濃厚!
 
・・・で、コナミ買い。 1年間で 2000万円の利益♪
当時、資金が 200万円しかない私にとって大きな資金に
なりました。 初めてのテンバガーでした (^ー^)
| ダイニング | 2009/11/06 10:37 AM |
コメントする










アクセスランキング
スポンサードリンク