<< キャンドゥが注意喚起となりました | main | 今月だけ8000円もらえるMJからキャッシュバック >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
株取引の確定申告について
まだ少し気が早いですが、基礎知識の一つとして見ておきたいのは、株取引を行った際の確定申告はどうすればいいのでしょう?と言う点です。
まずは自分が確定申告しなければいけないかどうかチェックしてみましょう。


チェックポイント(1)
自分の口座が一般口座か、特定口座かによって変わります。
「特定口座(源泉徴収あり)」の場合は、確定申告は不要です。

「特定口座(源泉徴収なし)」の場合は、利益があった場合にのみ確定申告の必要があります。
証券会社から「年間取引報告書」が送られてきますのでそれを使って申告しましょう。

「一般口座」の場合は、利益があった場合にのみ確定申告の必要があります。
自分で一年間の利益を計算して申告しましょう。


チェックポイント(2)
給与所得者の場合、収入金額によって申告不要となる場合があります。

給与等の支払いが一箇所からで、収入金額が2,000万円以下である給与所得者の場合、
株取引による利益が20万円以下の場合、確定申告は不要です。


さて、これまでのチェックで確定申告が必要となった方は、雑所得として分離課税の対象となりますので確定申告をしましょう。

詳しい内容については証券会社のホームページや、国税庁のホームページ
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kakutei.htm
でも調べることができますので、心配なところがある方はチェックしてみましょう!
カテゴリ:株式投資基礎知識 | 16:46 | comments(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 16:46 | - | -
コメント
コメントする










アクセスランキング
スポンサードリンク