<< ニトリの株主優待到着 | main | ヤフオクで優待券売却 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
5/10の週の注目点
先週のゴールデンウィーク明けとなる東京株式市場は、皆さんもご存じの通り大混乱とも言える状況で、日経平均株価は10,364円で終わる形となりました。

一週間で500円近い下落となりましたが、未だに中国元の切り上げや、ギリシャを中心としたユーロ圏への懸念、アメリカ金融当局の金融規制強化などの問題は払拭された訳ではありません。

ユーロ圏不安は全体で解決していく方向で話は進んでいますが、それで収束していくのか、それとも一段と深刻化するのかどうかに注目が集まります。
5/6にはニューヨーク株式市場であまりにも大規模な「誤発注騒動」があったこともあり、今週の相場は非常に見極めにくく、不透明感があるので、慎重に取り組みたいところです。

仮にヨーロッパ市場が反発すれば、ニューヨーク株式市場、日本市場も反発してくる可能性が高いと思います。
ただ、明確なサインが見えてこない場合(単なる調整、自然反発レベルであった場合など)は、動向を見守るべきでしょう。

更に、現在の状況は株価だけではなく、為替レートにも影響していることも忘れてはいけません。
先週末一気に円高が進んだ状況ですが、現在の水準を維持するのか、そこから円安に戻ってくるのかどうかで輸出関連株などをチェックしてみるのも良いかもしれません。

そんな中で、注目のトヨタ自動車の決算が5/11、ソニーの決算が5/13にある点もチェックを忘れないようにしましょう。

様々なニュースに注目する必要がある上、色々なサプライズで荒れる展開も予想されるので、トレードで十分注意をすることに変わりはありませんよ!
カテゴリ:株式投資最新情報 | 11:19 | comments(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 11:19 | - | -
コメント
コメントする










アクセスランキング
スポンサードリンク