<< 5/24の週の注目点 | main | 5/31の週の注目点 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
えっ。松井証券まで優待廃止
JUGEMテーマ:株・投資
現物株は売買手数料最低?の楽天証券
 
----------------------------------------------------------------------------------------------------

 昨日は届いたばかりの篠崎屋の株主優待を使ってとうふ等1000円位買って帰宅。
成田のお店が久しぶりに行ったら閉店を3月末でしていたみたいで、急きょ隣の市にあるお店に行きました。
帰ってきてびっくり。
まさか証券会社が優待廃止するなんて。初めて作った証券会社が松井だったんですよ。
10万円以下は取引無料だったから。
今でも10万以下は21円と安値ですがそれ以上だと楽天証券かクリック証券がメインなのですが。。

以下松井のHPから
株主優待制度廃止の理由

当社は、平成14年より株主優待制度を実施しており、平成18年9月以降は、毎年3月末および9月末時点で松井証券の口座に松井証券株式を1,000株以上預託されている株主様に対し、「会社四季報誌面データ」および「同最新銘柄レポート」(東洋経済新報社)を松井証券会員画面内で提供してまいりました。

しかしながら、株主の皆様に対する公平な利益還元のあり方という観点から検討した結果、現金配当による利益還元に集約し、且つ充実させていくことがより適切であると判断し、株主優待制度を廃止することといたしました。

当社の配当政策は、連結当期純利益の30%以上を毎期配当していくこと(業績連動型の配当方式)を基本方針としており、平成22年3月期末の配当金につきましては、50%の増配となる15円(配当性向50%)とすることを本年6月に開催予定の定時株主総会に付議する予定です。

今後も引き続き株主の皆様への利益還元を重要な経営課題と認識し、継続的な配当に向けて業績の向上に全力で取り組んでまいりますので、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

2. 株主優待制度の廃止時期

平成22年3月31日現在の株主名簿に記載された1,000株以上保有の株主様へのご提供をもちまして廃止とさせていただきます。

当該株主様については、平成22年6月中旬から12月中旬まで、株主優待として「会社四季報誌面データ」および「同最新銘柄レポート」をご覧いただけます。

カテゴリ:株主優待 | 08:43 | comments(1) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 08:43 | - | -
コメント
レポートよりも配当金のほうが喜ばれるでしょうね。今は長期投資の時代じゃありませんから、会社情報やレポートを読んでもあまり意味が無いでしょう。
| ponpon | 2010/05/27 10:44 AM |
コメントする










アクセスランキング
スポンサードリンク