<< 1/31の週の注目点 | main | パーク24から株主優待 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
2/7の週の注目点
先週の東京株式市場は、日経平均株価が10,543円で終わる形となりました。
エジプトの混乱による海外株価の影響などもあったのですが、週末に10,500を回復して終わりましたね。

株価上昇となる好材料として考えられるのは、2/3に発表された新日本製鐵と住友金属工業の合併交渉入りでしょう。
これに端を発して、投資家の中では「今後他業種でも業界再編が進むのでは」と言う思惑があるようです。
実際、鉄鋼以外でも買われている業種がいくつかあるようです。

また、旧正月と言うことからアジアの他市場は春節休みに入っています。
それが普段以上に日本株へと短期資金が向かったのも理由と言えるでしょう。

さて、それでは今週の気になる点はどこでしょうか。
まず気になるのは、ドル円相場の行方でしょう。
現在1ドル82円台を割るかどうかというレベルに位置し、今後円高となるのか、82円台に戻してくるかが気になります。
円高懸念が再燃するのか、日本株への為替の不安は当面遠のくのか見極めどころです。

国内に目を向けてみると、2/8のトヨタ自動車の決算が終われば、目先の日本株への評価が定まってくることになりそうです。
自動車関連株の割安感が一段と高まるかどうか、この段階で見極められるでしょう。

また、2/9には中国が春節明けとなって市場に戻ってきますが、日本は2/11が祝日となっています。
こう言った中での値動きに注意しておきたいところですね。

様々なニュースに注目する必要がある上、色々なサプライズで荒れる展開も予想されるので、トレードで十分注意をすることに変わりはありませんよ!
カテゴリ:株式投資最新情報 | 11:12 | comments(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 11:12 | - | -
コメント
コメントする










アクセスランキング
スポンサードリンク