<< 4/18の週の注目点 | main | 5/2の週の注目点 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
4/25の週の注目点
先週の東京株式市場は、日経平均株価が9,682円で終わる形となりました。
週前半に下落したものの、その後持ち直して先週より多少上昇しました。
しかし、9,500〜9,800の狭いレンジでの動きが3週間近く続いている状態となっており、どちらの方向に放たれるのか気になるところです。

今週気になる材料は、4/26〜27に行われるFOMC(連邦公開市場委員会)でしょう。
加えて、FRBのバーナンキ議長が今後定例会見を開くことを決めたようです。
現在の世界を取り巻く情勢を見据えての対応だと思いますが、今年後半に向けての相場を予測する上でも、重要な材料になると言えるでしょう。

国内に目を向けてみると、今週は日本企業の決算が本格化してきます。
大手企業の個別決算に注目が集まります。
ただし、ゴールデンウィークを前に取引日が少なくなります。
連休前に利益確定するような展開も十分考えられますね。

同じように気になるのが、為替相場や原油・金などの資産の値動きです。
これに株価を含めたそれぞれの相場に対して、どこに資金が流れていくのか。
リスク許容度によって変わってくるところなので、出来ればそれぞれにチェックを入れておきたいところです。

様々なニュースに注目する必要がある上、色々なサプライズで荒れる展開も予想されるので、トレードで十分注意をすることに変わりはありませんよ!
カテゴリ:株式投資最新情報 | 10:40 | comments(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 10:40 | - | -
コメント
コメントする










アクセスランキング
スポンサードリンク