<< 6/20の週の注目点 | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
6/27の週の注目点
先週の東京株式市場は、日経平均株価が9,678円で終わる形となりました。
週の前半は、その前の週の流れを引き継いで9,500円以下での値動きとなりましたが、週後半から上昇に転じています。

短期・中期移動平均線が上向きに転じつつありますし、長期移動線を上回ったのは久しぶりのことですね。
今週はこの流れを引き継いでいくのかどうかに注目したいところです。

先週を振り返ってみると、6/22に行われたFOMC(アメリカ連邦公開市場委員会)開催後の記者会見ではQE2(量的緩和第2弾)後の展開について具体案が出たというわけではありませんでした。

一方、ギリシャの財政問題についても、一応沈静化の方向に進んではいますが、どこで蒸し返されるのか分かりません。

更に中国のインフレ問題も先行きが不透明となっています。

今週は月末、月初ということから色々な指標発表もあります。
7月に入るとアメリカ企業の第二四半期決算が発表となります。
これまでと同様、海外要因や為替要因によって影響を受けるという流れは変わらないと思いますので、引き続きチェックしておきたいところです。

様々なニュースに注目する必要がある上、色々なサプライズで荒れる展開も予想されるので、トレードで十分注意をすることに変わりはありませんよ!
カテゴリ:株式投資最新情報 | 10:57 | comments(1) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 10:57 | - | -
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2012/05/05 4:35 PM |
コメントする










アクセスランキング
スポンサードリンク